ホーム >> 手書き文字

手書き文字手書き文字

弊店では、一等印刻師 遅澤流水が一筆ずつ手書きで書き入れます。
「一等印刻師」とは、印章彫刻資格の最難関とされる、非常に権威のある資格です。​
すべての作品において規定点をクリアし、毎年11月に開催される審査会において厳しく審査され、
一等印刻師の資格を与えるにふさわしい人物であると判断されて、はじめて取得できます。

吉書体(きちしょたい)

象牙印鑑.com の”匠” 遅澤流水(本名:祐二)は、山梨の手彫り印章の名店、「瑞光堂」の二代目店主であります。
多くの弟子を各種大会に入賞させた、知る人ぞ知る印章の権威、「瑞光堂」初代店主・遅澤久之を父に持つ、まさに印章界のサラブレッド。高校卒業後すぐに入門し、父の厳格な指導を一身に受けた二代目・流水の一刀一刀は、「印章に生命を与える」とまで称される程の巧みな技術が冴え渡る、超一級品。その飽くなき研究心、技術のさらなる向上を求めて一心不乱に仕事に打ち込む姿勢は、手彫り印章の若手ナンバーワンとの呼び声も高いです。

主な作品紹介

  • 広島平和記念公園印
    第十回
    全日本印章連盟技術大競技会
    労働大臣賞

    広島平和記念公園印

  • 阪神大震災復興計画
    第四十三回
    大阪府印章技術展覧会
    大印理事賞 金賞

    阪神大震災復興計画

  • 祝御成婚優秀作品印譜集
    第四十一回
    大阪府印章技術展覧会
    銀賞

    祝御成婚優秀作品印譜集

  • 瓜田不納履梨下不整冠
    第四十二回
    大阪府印章技術展覧会
    銀賞

    瓜田不納履梨下不整冠

  • 東欧諸国問題研究会
    第三十八回
    大阪府印章技術展覧会
    銅賞

    東欧諸国問題研究会

  • 奏人如踊
    山梨県印章業組合技術競技会
    知事賞

    奏人如踊

経歴、受賞歴

略歴

昭和35年1月
甲州・山梨の手彫り印鑑の名店「瑞光堂」初代店主 遅澤久之の長男として誕生する​
昭和53年3月
山梨県立身延高等学校を卒業​
昭和53年4月
「瑞光堂」に入門。これより父・久之の厳格な指導を一身に受ける​
平成元年10月
印章の日記念行事技術競技会 県商工労働部長賞 受賞​
平成2年10月
印章の日記念技術競技会 知事賞 受賞​
平成2年10月
全日本印章連盟技術大競技会 労働大臣賞 受賞​
平成5年3月
一級印章技能士取得​
平成5年11月
大阪府印章技術展覧会 銀賞 受賞​
平成6年11月
大阪府印章技術展覧会 銀賞 受賞​
平成7年3月
印判店組合技術競技会 知事賞 受賞​
平成7年 12月
大阪府印章技術展覧会 大印理事賞 金賞 受賞​
平成7年 12月
日本印章協会より一等印刻師に認定​
平成11年
山梨県優秀技能者表彰 受賞​
平成16年
経済産業省(当時)より甲州手彫り印章の伝統工芸士に認定​